診療科目/各種検査

診療科目/各種検査

消化器内科

ヒトが「生きる」ためにおこなうもっとも基本的な活動、口での食物摂取から始まり、栄養吸収、排泄に至るまで、をつかさどる食道や胃、腸、肛門といった部分が消化器官です。腹痛や下痢などをはじめとした、この部位に生じる様々な問題を治療し解決する分野が消化器内科です。

上部消化管内視鏡検査 (胃カメラ) 胃カメラと静脈麻酔に関して
デジタル内視鏡システムを用いて、胃潰瘍や逆流性食道炎の診断、治療はもちろんのこと、胃がんの早期発見やピロリ菌の診断、治療もおこないます。口からの食物摂取が不可能な患者様の胃瘻交換を、内視鏡監視下にておこないます。
腹部超音波検査
人体に無害、無痛な超音波装置 (腹部エコー) を用いて、主に腹部の臓器 (肝臓/膵臓/胆のう/腎臓) を検査します。肝臓がん、膵臓がん、胆石、腎結石などを発見します。
腹部X線撮影
被ばく量を極力抑えたX線撮影装置による、いわゆるレントゲン検査です。腹部検査のもっとも基本的な検査のひとつです。
ピロリ菌専門外来 ピロリ菌外来ページ

循環器内科

急速な高齢化が進む日本では、今後一層の高血圧人口の増加が予想され、これに伴う脳心血管障害の発生をいかに抑えるかが喫緊の課題となっています。重大な病気である脳梗塞や心筋梗塞の原因となる高血圧や脂質異常症、糖尿病などの薬物治療が中心になります。
デジタル心電計、血圧測定器などで、患者様の状態をフォローアップします。

呼吸器内科

冬場のカゼやインフルエンザ、花粉症、気管支ぜんそく、扁桃腺など、皆様の身近に存在する呼吸器の病気をあつかいます。また、慢性気管支炎や肺気腫で代表される慢性閉塞性呼吸器疾患 (COPD) の診断、治療もおこないます。

胸部X線撮影
被ばく量を極力抑えた最新のX線撮影装置によるレントゲン検査です。胸部検査のもっとも基本的な検査のひとつです。
呼吸機能検査
スパイロメータを用いて肺活量などを測定し、呼吸機能障害の有無や種類を診断します。主にCOPDの診断に活用します。
禁煙外来
スモーカライザー® による禁煙フォローやチャンピックス® 内服だけでなく、経験者 (当職) による禁煙指導をおこないます。

内視鏡内科

消化器内科でご紹介した最新デジタル内視鏡システムによる、食道や胃、十二指腸の病気に対する診断、治療を行います。あつかう病気は、逆流性食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどです。また、経管栄養のルートである胃瘻の交換なども内視鏡下におこないます。

ピロリ菌外来

胃・十二指腸潰瘍だけでなく、胃がんやその他の疾患の原因になり得ることがわかってきたヘリコバクター・ピロリ菌。学会認定医 (当職) によるピロリ菌除菌治療をおこないます。
ピロリ菌外来ページ

外科

外科専門医として培ってきた知識や経験、技量を発揮し、外傷やヤケド、褥瘡 (床ずれ)、体表面の手術など、外来診療が可能な外科領域をカバーします。「ぢ・痔」の薬物治療、結紮療法もこの分野です。

その他の治療法

  • 花粉症の治療法
  • 内服薬 (抗ヒスタミン剤、ロイコトリエン受容体拮抗剤、漢方エキス剤)
  • 鼻噴霧用ステロイド薬
  • 点眼薬
  • 漢方療法  [漢方エキス剤の処方です]
  • カゼの諸症状、インフルエンザ / 食欲不振などの胃の症状 / 便秘、下痢、ウイルス性腸炎、過敏性腸症候群 / 更年期障害 / インフルエンザの治療法 点滴療法:1回のみ / 吸入療法:1回のみ / 内服療法:5日間服用 / 爪白癬 (爪みずむし) 内服パルス療法 1日2回の内服を1週間続けた後に3週間休薬 [1クール] x 3クール / 痔核ゴム結紮 (けっさつ) 療法
※ 当診療所には自動体外式除細動器 “AED” を設置しています。